新城島 Aragusuku Island

  • 上地港

上地港
港の中とは思えない美しい海。桟橋からサンゴも見ることができる

ジュゴンが住んだ海

黒島の西4kmに位置する新城(あらぐすく)とは上地・下地両島の総称で、通称パナリ島。干潮時には両島の間を徒歩で渡ることができる。
島の周辺はかつてジュゴンが生息し首里王府への献上品にもなった。
1737年には人口は700人を超え、島民はパナリ焼土器(貝やカタツムリを土と混ぜてつくるゴツゴツした風合いの土器)を生産していた。
今は牛が群れ手つかずの自然が残り、海は一際美しいブルーを見せる。

上地集落
上地集落

時間が止まったかのような、昔ながらの石垣が残る集落内。

アクセス
新城島への定期船はないのでシュノーケルツアー等の船をご利用下さい。島内は徒歩で十分に周れる広さです。

トップへ戻る