波照間島 hateruma Island

ニシハマ

ニシハマ

八重山でも指折りの美しい浜。シャワー、トイレなども設置。ニシとは方言で「北」のこと。

  • 高那崎1kmほど続く断崖絶壁に打ち寄せる波が迫力満点
  • 星空観測タワー天体望遠鏡とプラネタリウムがあり、夜間は星空天体観測も行う。

果てのウルマ(珊瑚礁)波照間
南十字星が輝く日本最南端の島

波照間島は「果てのウルマ(珊瑚礁)の島」を語源とする、日本最南端の有人島。
独特の青い輝きを放つ波照間の海の色は“ハテルマブルー”とも称され、中でもニシ浜は八重山有数の美しさを誇る海として有名。
島の南端の高那崎には、日本最南端の碑や星空観測タワーがあり、人気の観光スポットとなっている。

南の空に見えるのは

波照間島では日本で最も多くの星を見ることが出来ます。
12月~6月にかけては南十字星も観測する事ができます。

日本最南端の碑

アクセス
石垣港離島ターミナルから高速船で約60分。レンタサイクルでゆっくりと周れますが、アップダウンがあるため体力に自信がない方は
レンタカー・レンタバイクのご利用をおすすめします。島内観光バスも運行しています。

トップへ戻る